理想的なバストを手に入れるための豊胸手術には大きく3種類あります。

美容外科での治療を解説するサイトのヘッダー画像

豊胸手術の種類

豊胸手術は主に3つの種類があります。手術内容と、メリット・デメリットなどをまとめました。

 

人工乳腺法

人口乳腺バッグ(インプラント)を、脇の下またはアンダーバストから挿入してバストを形成する方法です。2サイズ以上大きくしたい人や、生まれつきバストに左右差がある人に人気の手術法です。

手術時間 約1時間
麻酔 全身麻酔
通院 手術前1回 手術後2、3回
ダウンタイム、痛み 腫れや内出血は2週間程度、痛みは3~7程度
傷跡 脇の下又はアンダーバストに4㎝程度
持続力 半永久的
費用 約80~96万円
メリット

・バストのサイズや形にこだわった人口乳腺バッグを選べるため、理想のバストが手に入る
・持続力が半永久的

 

リスク・デメリット

・切開の傷跡が残る
・術後違和感を感じる場合がある
・カプセル拘縮が起きる場合がある(豊胸バッグが硬くなること)

 

ヒアルロン酸注入豊胸法

メスを使わず、専用のヒアルロン酸を注射でバストに注入する方法です。
手術が怖いという人や、バストの形を整えたりハリを与えたりしたい人に人気の施術です。ヒアルロン酸の種類により、仕上がりや持続力に大きな差が出ます。

手術時間 約15~30分
麻酔 局部麻酔
通院 手術後2、3回
ダウンタイム、痛み ほとんどなし
傷跡 ほとんどなし
持続力 注入するヒアルロン酸による
費用 約10~15万円
メリット

・費用が安い
・ダウンタイムが少ない
・傷跡が残らない
・自然な大きさ・形に仕上がる

 

リスク・デメリット

・感触が硬い
・人体に吸収されるため持続力が少ない(半年~2年程度)
・しこりができる可能性がある

 

脂肪注入による豊胸術

脂肪吸引により取り除いた自身の脂肪組織を注入し、バストを形成する方法です。
腹部や太ももの脂肪を使用することが多く、部分痩せと同時にバストアップできる人気の施術です。

 

手術時間 約2時間
麻酔 全身麻酔
通院 手術前1回 手術後2、3回
ダウンタイム、痛み 腫れや内出血は2週間程度、痛みは3~7程度
傷跡 脂肪を吸引した場所に5㎜程度(数か月で目立たなくなる)、バスト側はほとんどなし
持続力 半分ほどは吸収されるが、残りは吸収されずに半永久的に持続する
費用 約90~98万円
メリット

・自身の脂肪を注入するためアレルギーによる副作用がほぼない
・気になる部分のサイズダウンと同時にバストアップできる
・仕上がりが自然
・持続力が高い

 

リスク・デメリット

・痩せている人は施術を断られることがある
・どのくらいバストアップできるかが未知数(とれた脂肪の量によるため)
・しこりが残る可能性がある

 

まとめ

いかがでしたか?豊胸手術は大きく分けて3つの方法があります。
ダウンタイムや持続力、仕上がりについてそれぞれ大きく異なるため、ご自身にあった施術を見つけてくださいね!