エステ脱毛と医療脱毛の違いと特徴をわかりやすく一覧にしました。

美容外科での治療を解説するサイトのヘッダー画像

エステ脱毛と医療脱毛は何が違うの?

エステ脱毛と医療脱毛は、脱毛のために照射する光線が全く違います。
エステ脱毛は出力の弱い光を照射し、医療脱毛は強力なレーザーを照射して、毛根にアプローチするのです。
それぞれの特徴を、詳しく見ていきましょう!

 

エステ脱毛

エステ脱毛の仕組み

エステ脱毛をする女性

エステ脱毛は、「光脱毛」、「フラッシュ脱毛」とよばれ、弱い出力の光を広範囲で照射し、毛の発毛を抑制します。
施術後、毛は抜け落ちますが、しだいに生えてきます。
しかし、ダメージを与えられた毛根の再生力は弱まり、徐々に毛が薄くなって生えなくなっていきます。

 

エステは医師が不在なため、医療行為にならない程度の、弱い出力での施術が行われます。

 

メリット
  • 低価格でスタートできる
  • 痛みが少ない
  • 機器によっては美肌効果を得られることがある

 

デメリット
  • 永久的な効果は得られない
  • 効果を感じるまで長期間かかる(3年~5年)
  • 施術後のアフターケアがないところが多い

 

リスク

エステ脱毛には、以下のようなリスクがあります。

  • 痛み
  • 腫れ
  • 炎症
  • 発疹

 

医療脱毛

医療脱毛の仕組み

医療脱毛をする女性

医療脱毛は、医師による指導・管理の元、施術が行われています。
黒い色にだけ反応する強力なレーザーを肌に照射し、根本から毛根内部の毛乳頭を破壊します。
このような毛乳頭を破壊する行為は医療行為であり、医療機器でしか施術を行うことができません。
医療脱毛では、医師による診察をしてから施術を行います。

 

使用される脱毛器
ヤグ(YAG)レーザー
他のレーザーよりも黒い色に反応しづらいため、日焼けした肌や黒い肌にも比較的効果的です。

特に太い毛に効果を発揮するため、男性のヒゲ脱毛にも使用されています。その反面、産毛には効果が現れにくいという特徴があります。

アレキサンドライトレーザー
他のレーザーよりも黒い色に反応しやすく、脱毛効果を感じやすいレーザーです。特に太く濃い毛に高い効果を発揮します。
ショット式ダイオードレーザー
狭い範囲に強力なレーザーを照射でき、手足の甲や指に使用されています。皮膚へのダメージを押さえつつ、狭い部位に効果的な施術を行うことができます。
蓄熱式ダイオードレーザー
毛根ではなく、毛根細胞に栄養を送るバジル領域を破壊します。肌を温めながらゆっくりとアプローチするため、痛みや肌への負担がとても少ないのが特徴です。

 

メリット
  • 永久脱毛ができる
  • 短期間で脱毛できる(8ヵ月~2年)
  • 医師の診察によるアフターケアがある

 

デメリット
  • 費用が高い
  • 照射範囲が狭いため、施術に時間がかかる
  • 施術中に痛みを強く感じる
  • 薄い毛には効果が表れづらい

 

リスク

医療脱毛には、以下のような症状がでる可能性があります。

  • やけど
  • 腫れ
  • 毛嚢炎(毛穴に菌が入り炎症が起こること)
  • 硬毛化(毛が太くなる症状)
  • 発疹

 

まとめ

まとめと書かれたパズル

一口に脱毛といっても、エステ脱毛と医療脱毛では、その仕組みは全く異なります。
費用を安く、痛みを押さえて脱毛を行いたいなら、エステ脱毛がお勧めです。
費用よりも、永久的な効果と短期間での脱毛を望むのであれば、医療脱毛を選択しましょう。
クリニックによっても、脱毛効果に差がでることがあるため、カウンセリングを受け、しっかりと内容を理解してから施術を受けましょう。