鼻の整形で人気が高い理由と、悩みごとの治療法を解説します。

美容外科での治療を解説するサイトのヘッダー画像

鼻の悩み別・人気の整形

「もう少し高ければ」
「鼻の穴が大きいのがコンプレックス」
など、鼻の悩みは人それぞれですよね。
当ページでは悩み毎の治療方法とその費用について解説いたします。

 

鼻が低い

日本人に一番多い悩みがこちらです。横から見たときに鼻柱が低かったり、鼻梁が短い場合がこちらに該当します。

 

<ヒアルロン酸注射>
ヒアルロン酸を注射することにより、鼻筋を高くする施術です。
ただし、ヒアルロン酸は体内に吸収されるため、効果を持続させるためには3ヵ月に1度程度の再注入が必要になります。
ヒアルロン酸注入では鼻筋は高くなりますが、鼻先は高くならないので注意が必要です。

 

費用の目安 35,000~80,000円

 

<プロテーゼを使用した隆鼻術>
シリコン製のプロテーゼを、鼻筋に固定する手術です。
プロテーゼは人の軟骨のような柔軟性のある素材で、一人一人の鼻の形に合わせて調整されます。
プロテーゼは、長期的に鼻が高くなるので人気の手術です。

 

費用の目安 250,000~600,000円

 

鼻先が丸い・上を向いている

鼻先が丸く大きく見える「団子鼻」や、「鼻が上を向いている」ことで正面から鼻の穴が目立って見える悩みには、「鼻尖形成手術」を行うと解消されます。
鼻先が高く細くなり、美しい横顔の条件といわれる「Eライン」も手に入ります。

 

<耳介軟骨移植手術>
耳の軟骨をとって鼻先へ移植し、鼻先を尖らせる手術です。採取した鼻先の形を整えて挿入することで、バランスの良い鼻先になります。

 

<鼻尖縮小手術>
鼻の中の大鼻翼軟骨(だいびよくなんこつ)という軟骨の形によって、鼻先が丸くなっています。この軟骨の形を変え、鼻先を高くする手術です。

 

費用の目安 250,000~350,000円

 

鼻が横に広い

小鼻が大きいと鼻全体が大きくなり、鼻の穴が目立ってしまいます。
加えて鼻先が低いと、鼻が横に広がって見える原因となります。

 

<小鼻縮小術>
小鼻の内側又は外側の余分な部分を切り取って、鼻の穴や小鼻を小さくする手術です。
なりたい鼻のデザインで、どこから切り取るかを決めていきます。
また、切開をせずに鼻の軟骨を糸でとめて鼻先を整える「埋没法」も人気です。

 

費用の目安 250,000~350,000円

 

わし鼻

わし鼻は、鼻筋が出っ張っていたりへこんでいたりする鼻で「魔女鼻」とも呼ばれ、いじわるそうなイメージを持たれがちです。
この出っ張りを直すことで、優しい印象の顔になることができます。

 

<ヒアルロン酸注射>
鼻筋のへこみにヒアルロン酸を注射し、へこみを修正する方法です。わし鼻が改善され、しゅっとした鼻を形成することができます。

 

費用の目安 35,000~80,000円

 

 

<プロテーゼを使用した隆鼻術>
わし鼻の解消と同時に、鼻を高くしたい場合に選ばれている手術法です。
一人一人に合わせたシリコンプロテーゼを挿入し、鼻を高くしながら、わし鼻の凹みを改善します。

 

費用の目安 250,000~600,000円
鼻の整形のデメリット
プロテーゼを使用した隆鼻術の場合 長年挿入していると、ごくまれにプロテーゼが石灰化することがあります。また、大きさが合っていないプロテーゼを挿入してしまうと、プロテーゼが飛び出してくる可能性があります。
ヒアルロン酸注射の場合 ヒアルロン酸は時間の経過と共に体内に吸収されるため、効果は永久ではありません。持続させるためには、1年に1回ほどヒアルロン酸の注入を繰り返す必要があります。
鼻尖縮小手術の場合 鼻が変形してしまったり、軟骨を引き締めすぎて鼻が上を向いてしまう可能性があります。
小鼻縮小術 目立たない程度の傷跡が残ってしまったり、鼻に左右差が出てしまう可能性があります。

 

まとめ

いかがでしたか?現状の鼻の形となりたい鼻のデザインによって、様々な手術法がありますね。
鼻はメイクではなかなか整えづらい部位なので、美容整形を利用する人が多いのです。
悩みをお持ちであれば、まずはクリニックに相談しましょう。