美容医療の技術で出来るシミ取り治療で、顔の印象が若返ります。

美容外科での治療を解説するサイトのヘッダー画像

シミ取り治療は主に3種類

肌のシミに悩む女性

「シミ取り」には以下の3種類の治療法が用いられています。
メリット・デメリットを確認し、自身にマッチする方法を選びましょう。

 

シミ取りレーザー治療

シミ取りレーザー治療は、シミの原因である肌組織内の黒色メラニンに反応するレーザーを照射し、シミを除去する治療方法です。
黒色メラニンだけを狙い撃ちできるため、周辺の肌を傷つけずに治療を行うことができます。紫外線によりできてしまったシミ・ソバカス・アザなどに効果的です。
治療後は、患部に保護テープを貼り、シミの部分がかさぶたになるのを待ちます。
約1週間でかさぶたが剥がれ落ち、その後時間の経過と共に周辺の肌の色と馴染んでいきます。

メリット
  • 基本的に、1度でシミが取り切れる
  • 効果が高い

 

デメリット
  • レーザー照射時は輪ゴムで弾いたような痛みを感じる
  • ダウンタイムが約1週間ほどある
  • 周りの肌と馴染むまで数か月かかる
  • 色素沈着の可能性がある(時間の経過と共に治まる)
  • 色素脱色の可能性がある(時間の経過と共に治まる)
  • シミが再発する可能性がある

 

シミ取り光治療

シミ取り光治療(フォトフェイシャル)は、広範囲の光を照射し、シミ・ソバカス・くすみ・毛穴・キメ・赤ら顔などを改善できる治療方法です。
シミの原因である黒色メラニンと同時に、赤ら顔の原因であるヘモグロビンなどの複数の色素にアプローチし、肌全体の様々なトラブルを同時に改善できます。
また、コラーゲンを作り出す組織の動きを活性化させ、キメやハリのある肌に導いてくれます。

メリット
  • 複数の肌トラブルを同時に解消できる
  • ダウンタイムがない
  • 痛みがほとんどない

 

デメリット
  • 3~4週間に1度の施術を繰り返し行う必要がある
  • 顔全体に施術を行うため費用が高い場合が多い

 

ハイドロキノンでの治療

処方された薬剤

ハイドロキノンは、高い美白効果が期待できる薬剤であり、シミやソバカス部分に繰り返し塗布してシミを治療方法です。
ハイドロキノンは、シミの原因である黒色メラニンを作り出す酵素を抑制する機能があります。
肌のターンオーバーによって、表面の肌は押し出され垢となって排出されます。

 

するとハイドロキノンによって、メラニンが抑制された状態で作られた、シミのない白い肌が表面に現れるという仕組みです。
ハイドロキノンは濃度が高いほど効果は高まりますが、副作用が強く出ます。
市販のクリームや化粧品ではハイドロキノンの濃度は制限されているため、美容クリニックでの処方を受ける必要があります。

メリット
  • 薬剤の塗布でシミが解消できる
  • 美白効果が高い
  • 色素沈着にも効果的

 

デメリット
  • 肌の赤み、ヒリヒリ感、かぶれががでるリスクがある
  • 広範囲に使用すると白斑になる可能性がある
  • 長期保存ができない

 

まとめ

シミには様々な治療方法がありますね。
どの治療法にも共通して、施術後は肌のバリア機能が弱まりダメージを受けやすくなるため、徹底した紫外線が必要になります。
シミの症状によって、向いている施術は変わるため、ぜひ1度美容クリニックに相談しましょう!