小顔整形のメリットはスタイルが良く見えるようになることです。

美容外科での治療を解説するサイトのヘッダー画像

小顔整形の種類とメリット・デメリット

小顔施術を受ける女性

小顔整形には、いくつかの種類があります。
小さくしたい場所や引き締めたい場所によって、施術を選択するとよいでしょう。それぞれの特徴やリスクをまとめました。

 

ボトックス注射

ボトックスは、筋肉に注射する治療であり、骨を削らずにエラを小さくできます。
エラには「咬筋(こうきん)」という筋肉があり、噛むことで鍛えられ大きくなります。エラは咬筋の発達により、成長している場合が多いのです。
この咬筋にボトックスを注入することで、エラの張りを改善することができます。

特徴
  • 注射後、効果は徐々に表れ約2週間ほどで安定する
  • 効果は永久的ではなく、徐々に失わるため、数か月に1度追加の施術を行う必要がある
  • 施術を繰り返すことで、効果が持続していく

 

ダウンタイム
  • ダウンタイムはほぼない
  • メイクは当日から可能

 

副作用・リスク

内出血、患部の赤み、表情の変化などがあるが、いずれも時間の経過と共に解消する

 

糸リフト

糸リフトは、顔に特殊な糸を挿入し引き上げることで、肌のハリ・タルミ・ツヤ・ほうれい線などを改善できる施術です。
タルミが改善することによって、フェイスラインが整い、より小顔に見えるようになります。

特徴
  • 若返り効果がある
  • 美肌効果がある
  • 糸は時間と共に吸収されるので、効果を持続させるためには1ヵ月~6ヵ月に一度追加の施術が必要

 

ダウンタイム
  • 施術直後から数日間、軽い痛み、むくみ、腫れが生じる場合がある
  • メイクは当日から可能

 

副作用・リスク

痛み、むくみ、腫れ、しびれ、凹み、つっぱり感、知覚異常、違和感、針穴、内出血、感染症、発赤

 

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射は、薬剤によって脂肪細胞を小さくすることができる施術です。二重あごやほほの脂肪を除去したい人に選ばれています。

特徴
  • 脂肪細胞そのものを除去できる
  • リバウンドが少なく、効果は半永久的
  • 術後はハリのある肌になる
  • 1回で効果あり
  • 1ヶ月間隔で3~5回施術すると、より高い効果が得られる

 

ダウンタイム
  • 施術後1週間ほど、むくみ、腫れ、軽度の痛みが出る可能性がある
  • メイクは当日から可能

 

副作用・リスク

腫れ、内出血、赤み・痛み・熱感・つっぱり感、左右非対称、蕁麻疹、痒みなどがあるが、左右非対称以外は2、3日で治まることが多い

 

脂肪吸引

脂肪吸引の手術を受ける女性

エラ張りなどではなく、ほほやあごに脂肪がついてしまった人向けの施術です。

 

耳の裏やあごの目だたない部分から極細のストローのような医療器具を挿入し、脂肪を吸引します。

 

  • 丸顔やぽっちゃりした顔をシャープに引き締められる
  • 効果は永久的
  • 医師の技術力により仕上がりが左右されやすい

 

ダウンタイム
  • 施術後1週間ほどむくみ、腫れ、軽度の痛みが出る可能性がある
  • メイクは翌日から可能

 

副作用・リスク

内出血、腫れ、脂肪の取りすぎによる凹凸、左右非対称

 

顔面輪郭整形術

エラやあごの骨を切り取り、顔の骨格を小さくする形成手術です。
1度の施術で抜群の小顔効果を得ることができますが、失敗してもやり直せないというデメリットもあります。

特徴
  • シャープな輪郭を作ることができる
  • 頬骨のハリや、うけ口など、輪郭以外も整形できる
  • 効果は永久的
  • 全身麻酔で行う
  • 治療時間が長い(約2時間)
  • 術後1週間で抜糸を行う

 

ダウンタイム
  • 2~4週間
  • メイクは抜糸後から可能

 

副作用・リスク

神経障害、感染症、開口障害、通期障害、左右差、かみ合わせが悪くなる、活舌が悪くなるなど

 

まとめ

いかがでしたか?小顔整形には、小さくしたい部位によって様々な種類があります。
それぞれのメリット・デメリットを確認し、最適な施術を見つけてくださいね!