二重整形のメリットやデメリットを手術の種類ごとにまとめました。

美容外科での治療を解説するサイトのヘッダー画像

二重整形手術の種類

二重の女性

二重整形手術は、大きく分けて2種類あります。
まぶたの皮膚と裏側を、医療用の特殊な糸でとめる「埋没法」と、まぶたをメスで切開し皮膚を縫う事で二重を形成する「切開法」です。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

埋没法

埋没法には、さらに種類が2つあります。「挙筋法」と「瞼板法」です。
また、埋没法はメスを使用しないため「プチ整形」と呼ばれています。
糸がとれると元に戻ってしまいますが、失敗してもやり直せるというメリットもあり、気軽に行われている美容整形です。

挙筋法

挙筋法は、まぶたの皮膚とまぶた裏側の挙筋(まぶたを動かす筋肉)を糸で結びつけ、二重をつくる手術です。
挙筋法は角膜を傷つけるリスクが少ないことがメリットですが、瞼板法よりもダウンタイムが長くなる傾向にあるというデメリットがあります。

 

瞼板法

瞼板法は、まぶたの皮膚とまぶた裏側の瞼板という組織を糸で結びつけ、二重を作る手術です。
まぶた裏側に糸の結び目が露出するため、術後しばらくは目がゴロゴロする感じがしますが、しだいに慣れます。
瞼板法は挙筋法よりも腫れやダウンタイムが短いというメリットがありますが、角膜を傷つけるリスクがあり、挙筋法よりも糸がとれやすいというデメリットがあります。まぶたが厚ぼったい人には不向きな術式です。

 

切開法

切開法にも、2つの種類があります。「全切開」と「部分切開」です。
切開法は、好きな二重のラインをデザインできる点が最大のメリットです。
1度目の手術で縫った糸の抜糸のため、手術から1週間後に再びクリニックに来院する必要があります。

全切開

全切開は二重のラインに沿ってまぶたをメスで切開し、余分な脂肪を除去した上で皮膚を縫い合わせ癒着させることで、くっきりとした二重を形成できる手術です。
余分な脂肪を除去することで、厚いまぶたもすっきりとしたまぶたになります。
二重形成の効果は永久的で、元に戻る心配がないことがメリットですが、失敗してもやり直せないというデメリットがあります。
また、ダウンタイムが長く、完全な二重に安定するまでに半年ほどかかるといわれています。

 

部分切開

部分切開はまぶた上部を部分的切開し、糸で縫い合わせ癒着させることで、ぱっちりとした二重を形成する手術です。
まぶたの脂肪を同時に除去できるので、すっきりとした目元になれます。
効果は半永久的で、ごくまれにもとに戻ってしまうデメリットがあります。

 

二重整形の中で、一番人気の手術は?

いいねのアイコン

この中で、一番人気は埋没法の挙筋法です。
埋没法はメスを使わない分、切開法よりも手軽なため選ぶ人が多いです。
また糸を留める数を選ぶことができ、複数箇所とめれば、埋没法でもぱっちりとした目が手に入ります。
切開法よりもダウンタイムが短く、費用も安い点も人気の理由です。

 

まとめ

いかがでしたか?二重整形手術にも、様々な種類とメリット・デメリットがあります。
きちんと理解した上で、手術に臨むことが大切です。
また、二重整形以外にも、目頭や目じりを切開して目の幅を広げたり、小顔整形で顔を小さくすることにより顔のパーツを大きく見せたりする方法があります。
大きな目で可愛らしい印象を与えたい人は、このような方法を検討するのもアリですね!